距離を保てばマスク外してもOK

「今年はおしゃべりできないな」
ちょいとどこか物足りない様子の、花輪さくらんぼ園の母さんです。

当初、さくらんぼ狩りへのご来園くださるお客様には、マスクの着用をお願いしていましたが、5/26付けで厚生労働省より以下のような公表がありましたので、これを基準にしていこうと考えています。

「新型コロナウイルスを想定した『新しい生活様式』」における熱中症予防

気温と湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症の恐れが高まると指摘。屋外で近くの人と少なくとも2メートル以上の距離を確保できる場合には、マスクを外すよう促した。着用する際は、強い負荷の作業や運動を避け、喉が渇いていなくてもこまめに水分を補給するよう求めた。(Yahooニュースより)

リンク(厚生労働省ホームページへとびます)
令和2年度の熱中症予防行動について(周知依頼)

つまりは、高温多湿の状況下でマスクを着用すると、熱中症の恐れがあるので外しましょう。でも、外す時は他人と2m離れてね。ということ。

たしかに、マスクしてると暑いし、それに苦しい。

山形のこれからの酷暑を想像すると・・・うなずける。
山形の夏にマスクはきっついな(笑)

屋外で、人と人との距離を2メートル確保できればマスクを外してもOKとの事なので、この状況下であればマスクをつけなくても大丈夫でしょう。

今年は、人数制限を設けて園地に余裕を持たせますので、

2メートルの距離の確保に皆さまのご協力をお願いします。

意識してさくらんぼ狩りをお楽しみ頂けますようお願い致します。

※気づいたら大きな声でしゃべってる。話はじめたら止まらない。

ドキッとした方はマスクの準備をお願いします。

また、さくらんぼ園の母さんとの会話が楽しみの一つという方は、マスクをかけてきてください。

  

コメント