夢のつづき

とてもお世話になった方というか

ずいぶんかわいがってもらったっけなあ。


お店で偶然会った知人に聞いた不幸。

その方が亡くなってしまったと…

(あれ?この場所とこの衝撃どこかで…)

前も同じ話した、よね?と尋ねるも

一瞬不思議そうな顔をして

「あなたに知らせなきゃとずっと思ってた。」



とてもショックを受けて車に戻って落ち着きを取り戻すと思い出した。

[いつだったか似たような夢見たっけ]



そしてお彼岸。

お供えものを持って仏前に。

聞けば亡くなったのは2ヶ月前。

そう。あの夢。

あの夢を見たのは

さくらんぼの作業で必死だった頃の2ヶ月前だった。


これってまだ夢のつづきなんだろうか。



不思議な体験でした!

コメント